間も無く3歳になる長女

過去のことは全て【昨日】でひとまとめにしてしまう彼女のために

カレンダーをフェルトで作ってみました

近所に手芸屋さんがないので、材料は全て100均で調達!

 

フェルトカレンダーの作り方

 

材料

・フェルト

私は、大判のホワイトを一枚と、お天気用に使う各種カラーを用意

・刺繍糸

・キルト芯

・接着芯

・手芸用ボンド

・チャコペン

・マジックテープ(100均では面ファスナーやファスナーテープと表記されているようです)

裏に粘着テープが付いているものもありますが、子供がビリバリっと付け外しすることを考えるとしっかり縫いつけられるタイプがおすすめです。

私は間違って粘着テープ付きのものを買ってしまったので、縫い付ける時、針がベタベタして通しにくかったので大変でした

・ベースになる布(35×58cm)

ここでは ライトブルーが爽やかなヒッコリー柄の のれん? カーテン? を用意

・アクセントになる布(27×22cmと34×8cm)

ここではデニムのハギレをチョイス。

・ハトメ(なくても大丈夫)

布に穴を開けてギュッとするやつです。

・紐

壁にかける用にするだけなので、なんでもいいと思います

広告


パーツ作り

1〜12月分作ります

白のフェルトを二枚重ねて、丸くカット(直径4.5cm)

1枚目にグレーのフェルトで作った数字を手芸用ボンドでぺたり

2枚目にマジックテープを縫いつけておきます

そして、その2枚重ねた内側にキルト芯を二重にして挟み込み、外側をまつり縫い

これを12個作ります

 

0〜9までに加えて、1と2をもう一個ずつ

これは、月より若干小さめの直径3.5cmで作りました

要領は月と同じです☝️

 

曜日

 

直径3.5cm

これは数字と違って複雑だったので、切り抜きを断念

チャコペンで書いた文字を刺繍しました。

 

天気

この天気マークはだいたい5〜7㎝のサイズ感です

これら全てにマジックテープをつけるのを忘れないでください

チクチクの方もしくはふわふわの方・・・・どっちでもいいですが、

チクチクならチクチクでみんな揃えておきます

スポンサードリンク

ベース作り

下準備

ベースになる布に合わせて、接着芯を裏側にアイロンでつけます

この時半分に折って、アイロンでカタを付けておきます

 

裏側

こんな感じで裏に数字達を待機させておくために

マジックテープを縫いつけます

私は、手持ちのマジックテープが足りなかったので、かなり混み合っている感じになってしまいました

 

 

表側

アクセントになる布27×22cm(ここではデニム生地)の全ての端を内側に折り

アイロンでカタを付けておきます。

そこに、フェルトで装飾

マジックテープもこの時に縫いつけておきます

 

出来上がったアクセント布をベース布に縫いつけます

 

仕上げ

ベース布を中表にして半分に折り、両端をミシンで縫います

表に返して、両端と下になる部分をコの字で縫います

 

アクセント布の残り34×8cmを横長に置いて、上と下を1cmぐらい折ってアイロンでカタを付けます

そのまま半分に折り、アイロンでカタを付けます

両端はベースの長さに合わせて内側に折りアイロンでカタを付けます

 

そうしたら、アクセント布をベース布の上部にかぶせるようにして縫います

 

最後にバランスを見て、ハトメを付けて、紐を結びます。

ハトメが無い場合は、紐を直接縫いつけてもいいと思います。

 

私は、アクセント布がよがんでしまったので、

くまちゃんと、うさちゃんに、手芸用ボンドでベタベタと隠してもらいました

うちではこんな感じでインターホンのモニターに引っ掛けています

カレンダーの日にちを変えるお仕事として、モンテッソーリ教育になるとのことなので、

今後の彼女の成長が楽しみ❤️

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です